エピレーシックの概要について調べる

激しい運動をするような方におすすめな術式にエピレーシックがあります。この術式では、5層からなっている角膜の一番上の層である角膜上皮層だけでフラップを作るのが特徴です。フラップを作るのにはエピケラトームを用いますが、角膜上層という部分は再生が可能なのでフラップが落ちたところに新しい上皮が再生し強度が維持できます。このため、手術の後にフラップを作った部分がずれるということがないのでスポーツ選手や格闘技家のような職業に適している術式です。ただ、手術の後は角膜上皮が再生するまでの期間は保護用のコンタクトレンズを装着する必要があります。フラップが薄く作られているので手術直後は眼球の保護が不可欠だからです。エピレーシックと似た方式にラセックという術式があります。ラセックという方法があります。ラセックでは、フラップを作るのにアルコールを用います。痛みの少なさや回復の早さではエピレーシックの方がルリットが大きいといえます。

可能ならレーシックを受けてみたいですね。

私は、仕事柄パソコン作業をする機会が多いので、視力があんまり良いとは言えない状況に有ります。人間の目というのは、使い過ぎてしまうと疲れます。疲労が溜まると色々と症状が現れます。私のようにピント調節機能が不調になったり、頭痛を起こしたり、肩が重い等色々と症状が出て来ます。眼精疲労は、単なる疲れ目とは違い結構しぶといです。そう容易くは完治しません。疲れ目の時もそうでしたが、長い期間眼科に通い点眼薬を貰った覚えが有ります。視力低下は、目の使い過ぎが原因だと言われました。しかし、今の私はパソコンの画面を見るのが仕事ですから、これを止める事は無理な相談です。適度に休憩を取ると良いらしいのですが、パソコンに熱中してますと目を休める事を忘れてしまいます。点眼薬を使用しても堂々巡りです。私は、何か良い方法は無い物か?悩んでいたら、レーシックなる物が有るという情報を仕入れました。レーシック手術とは、目に傷を付けて光の屈折がどうたらこうたらといった内容の手術だそうです。これで視力が取り戻せるなら、トライしてみたいですねぇ。眼精疲労でもOKなのでしょうかねぇ?

レーシックで視界くっきりクリア

30代の主婦で、レーシック手術経験者です。日本のクリニックに友人が勤めていたため、その紹介という形でレーシックに挑戦しました。もともとはソフトコンタクト愛用者だったのですが、手術の結果とアフターケアには大満足でした。本当にやってよかったです。現在は海外在住なのですが、年に2度の一時帰国の際には日本のクリニックで定期健診を受けるようにしています。術後5年ほどになりますが、目の調子はすこぶる良いです。私の住む国にも、そのクリニックの姉妹眼科があるので、こちらでなにかあったときには駆け込める安心感もあります。主人も視力が結構低くコンタクトレンズ生活をしているため、手術を勧めているところです。毎日朝晩のレンズケアが省略されて時間短縮になりますし、なによりレンズなしの視界がくっきりクリアになるこの快感を主人にも体験してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

女子カモン!